ペットくすりは医薬品通販【フィラリア薬ジェネリックも豊富】

ペットくすり 個人輸入が心配

ペットくすり 個人輸入が心配

日本よりも安い価格で医薬品を個人輸入できるペットくすりを利用する方が、増えてきています。

 

しかし中には、個人輸入が心配でペットくすりをまだ利用したことがないという方がおられるようです。ここではペットくすりで個人輸入することについての注意点をまとめてみたいと思います。

 

個人輸入は国が整えた制度です。海外の医薬品を個人的使用目的に限り認めるというものです。そのために、いくらかの決まりがあります。まずは、ペットくすりで購入した医薬品を、他人のペットに使用してはいけないということです。

 

ペットくすりで購入した医薬品は、購入者が責任を持って使用することが決められています。

 

次に、一度に購入する量に制限が設けられています。これは、転売目的での購入を防ぐための決まりです。国内より安い価格で仕入れて、国内の価格で販売することで利益を出すことを禁止しているのです。裏を返せば、ペットくすりで販売している商品は、国内よりもかなり安いということです。

 

ペットくすりにて扱っている医薬品は国内では獣医師の処方が必要な要指示薬がほとんどです。 全ての薬品の説明文は、各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、 翻訳の加減等で、日本国内の獣医師の指示とは異なる表現になってしまう場合があります。
従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において判断していただき、心配な場合は獣医師に相談するようにしてください。